自毛植毛に関して学ぼう!

自分の毛を植える自毛植毛はどこの毛を使用する?

自分の毛を植える自毛植毛はどこの毛を使用する? 自毛植毛を行う際に、自分のどこの毛を使って行うかご存知ですか。
基本的には、自毛植毛は後頭部の髪の毛を使用します。
これは、薄毛が進行しやすい頭頂部や生え際などに移植していきます。
ただ、個人によって髪の生え方が違うため側頭部の毛質を使うこともあります。
どの部分を使うことになっても、幅は約1センチ、横の長さは6センチほどの皮膚を切り取って相応しい大きさに株分けを行い器具を使って脱毛した部分へ移植していきます。
生え際や頭頂部の部位と比べると髪の毛の質が太くて長く残る可能性があるので後頭部の部分を使うのは画期的な手術です。
しかし、後頭部や頭頂部に毛髪が残っていない場合には、どんな理由にせよ移植を行うことはできません。
ほかにも、頭からの移植でなくすね毛や腋毛などの部分からも移植は行うことが出来ますが、その毛質が新しく移植した部分でも生えてくることになります。
なので、自毛植毛をしたいと思っているかたは、頭の部分からの移植を行いましょう。

自毛植毛をする時に準備しておくといいこと

自毛植毛をする時に準備しておくといいこと 自毛植毛をする際には、前もって色々な準備が必要となりますが、同年代の患者の体験談を参考にしながら、腕利きの医師が揃っているクリニックを見つけることが重要な課題の一つとして挙げられます。
現在のところ、このようなニーズの高い施術をたくさん採用しているクリニックの魅力について、大手の男性向けの情報誌などで特集が組まれることがあるため、おおよその費用の支払い額の相場や仕上がりの良しあしなどをチェックすることが良いでしょう。
また、自毛植毛のプランの立て方に関しては、大手のクリニックの公式サイトなどで分かりやすく紹介が行われる機会が増えています。
そのため、初めて自毛植毛にチャレンジをするにあたり、多くの患者のレビューに目を通しながら、通院先のシステムの特徴を理解することが欠かせません。
その他、実際に自毛植毛に取り組んでいる人と意見を交換することによって、いざという時にも冷静に判断をすることが可能となります。